トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

風俗利用者と風俗嬢の需要と供給の話

風俗を利用したことがある男性はどれくらいいるのでしょうか?

 

住民基本台帳による調査結果では、全国18歳以上65歳未満の男女を対象に、「性的サービスを買った経験があるか」という問いに対して、「ある」と回答した人は約14.3%というデータがあります。

 

「全くない」という人のみを除外した場合、約41.8%の男性が風俗経験をしたことがあるという計算になりました。

 

18~64歳の男性人口は3850万人なので、

 

38,508,000(男性総数)×41.8%(風俗経験の割合)=16,096,334

 

つまり、日本で暮らす男性のうち約1610万人が、何らかの形で性風俗を利用している計算になります。

 

風俗は「男の通過儀礼」であると表現する人もいますが、あながち間違いではないのかもしれないですね。


では、 現在の風俗は需要と供給のバランスが取れているのでしょうか?

 

風俗というと、借金や生活に苦労している女の子が、家族を養うためにやむを得ず働く職種というイメージがありました。

 

しかし、近年ではどこにでもいる大学生やOLといった一般素人のほか、高学歴やモデル経験のある容姿に恵まれた女の子も、自ら風俗嬢の道を選ぶようになってきています。


これは奨学金の返済や、リーマンショックなどによる若者の貧困や、性のオープン化が進む中で、性の売買に抵抗を感じる女の子が減ってきていることなどが理由として考えられます。

 

そのため、不景気で男性客が減っている中で、風俗で働きたい女の子が増えているため、需要過多が起きているのです。

 

競争率が上がっているため、まるでモデルや女優のようなスタイルと容姿を持った女の子でないと、面接に落ちてしまうという店舗も出てきているようです。

 

このように、これから風俗で稼ぐためには容姿やスタイルだけでなく、サービス面でも人並み以上の努力が必要な時代になりつつあります。

 

風俗で働いている女の子は約37人に1人と、とても身近な存在になっています。女の子の入れ替わりが激しい業界なので、短期間バイトも含めると、かなりの人数が風俗で働いた経歴を持っていると考えて良いでしょう。

 

競争率の高い世界で生き残るためにも、自分磨きを忘れず、お客様へのサービス精神を持って接客をしていきたいですね。

 

そういった供給過多の状況でも稼げる方法を知りたい方は トーキョーユメガール からご連絡ください!!

 

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP