トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

閑散期に安定した収入を得る方法

暑い夏が過ぎ、気温が下がって過ごしやすい秋は人肌寂しくなる季節でもあります。

 

この時期の風俗は、年間で見ると稼ぎやすい時期と言えるのでしょうか?

 

今回は、風俗嬢なら知っておきたい秋の風俗業界事情についてご紹介します。

 

 

1. 秋は風俗業界の閑散期

 

風俗業界が忙しくなるのは、お客様にボーナスが出る夏と冬、そしてGWなどの大型連休の時期です。

 

秋は夏のボーナスを使い終わった後で、世間の人々は節約を考えている季節。

 

10月を過ぎてくると、クリスマスや年末年始といった大型イベントに備えてお金を溜めておく人も多いです。

 

そのため、風俗業界にとって10月や11月は閑散期と言われ、年間で見てもお客様の入りが悪いとされています。

 

だからといって、この時期に仕事を休んでしまっては生活費も稼げなくなってしまいますよね?

 

お客様の数が減る秋だからこそ、普段の接客の見直しをしてリピーターやフリーのお客様をゲットしていきましょう!

 

 

2. 閑散期の秋でもしっかりと稼ぐコツ

 

秋は風俗店では閑散期とわかっているため、お客様の入りを増やすためにいろいろなイベントを用意しているところが多いです。

 

特に10月はハロウィンが控えており、どの業種でも女性のコスプレ衣装を増やすなど、普段とは違うイベントを考えています。

 

他にも、普段よりもお得な割引クーポンを発券するなど、こまめにイベントを開催してお客様が増えるよう努力をしていますよ。

 

そのため、イベント期間はスケジュールを調整してできる範囲で出勤するのがおすすめです。

 

 

3.本指名のお客様を大切に

 

いつもより稼ぎが悪くなるこの時期ですが、リピートしてくれるお客様は変わらず会いにきてくれるものです。

 

そういう時期だからこそ、より丁寧に接客することが大事なのです。

 

この時期にリピートしてくれるということは、お客様を大切にしていれば、ボーナスが入った12月、1月も当然リピートしてくれます。

 

日々の接客の大切さ、リピートしてくれるお客様の大切さを再度考えましょう。

 

本指名のいない女性は、季節に応じて収入が不安定になりがちです。

 

しかし、常日頃から接客やサービスを頑張っている女性は、閑散期といわれる時期でも安定した収入があります。

 

目の前の収入ももちろん大切ですが、日々の努力積み重ねが閑散期でも困らない収入になるのです。

 

今まであまり意識していなかった接客について、今から意識すれば、来月、再来月と少しずつ本指名のお客様が増えるはず。

 

2月からの閑散期に向けて、今から接客を見直し、特に12月や1月前半の繁忙期に頑張ることが必要なのです。

 

 

4.出稼ぎで稼ぐ?

 

そのお店に長い間在籍していると、フリーのお客様は新人の女の子に回されるため、指名客がいないと安定して収入が得られなくなる場合があります。

 

特に秋の閑散期に他店へ出稼ぎする女性が多くなります。

 

しかし、安易な出稼ぎはオススメしません。

 

なぜなら、安易に出稼ぎに行き、保証が出たり、フリーをつけてもらって収入を得るかもしれませんが、拘束時間が長かったり遠距離で遊び相手がいなかったり、出稼ぎ先の従業員とあわなかったり・・・と、リスクも少なくないからです。

 

安易に出稼ぎをして、適当な接客で目先の収入を得るより、自分自身の接客を見直して今在籍しているお店に「大切に思われる女性」になることが安定した収入を得る一番の方法なのです。

 

フリーを付けてもらえない、受付でオススメされる順番が後になる・・・これは「どうしても必要な女性」と思われていないのかもしれません。

 

どれぐらい売れるかわからない新人より、人気の「どうしても必要な女性」になることが、お店にとっても女性にとってもwin-winの関係になることなのです。

 

 

本指名の返し方や安定した収入を得る方法など、わからないことは トーキョーユメガール からご質問下さい!!

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP