トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

ストーカー化するお客様は確実にいる

風俗のお仕事をしていて一番怖いのが、変質的なお客さんに付きまとわれてしまったときではないでしょうか?

 

風俗のお仕事は接客商売ですが、特にお仕事柄親密な雰囲気を作り出す必要がある風俗のお仕事をしていると、お客様が女性に夢中になってしまうことも多々あります。

 

そういう仕事と言えば、そういう仕事なんです。


言わば人気商売的な面もある風俗のお仕事。

 

適度なうちはただチヤホヤされて気分が良い、モテてる気がして気分が良い、で済みます。

 

しかし、度を過ぎてくると本番や店外を強要されそうになったり、脅されたりと、お客さんの言動がエスカレートして犯罪紛いな行為に発展してしまうことも。

 

 

1.こんなことまで!? ストーカー化する男性客はコレも勘違いする!

 

ストーカー化する男性客は、女性が「こんなことまで!?」と思うような些細なことまで、自分に気があると勘違いしてしまうのです。

 

特に、相手がこれまで風俗遊びの経験がなかったり、性格が非常に真面目だったりすればするほど、勘違いしてしまう傾向は強くなります。

 

例えば、常連になってくれそうなお客さんについサービスでとか、今日は疲れていてきちんとサービスするのが面倒だからとか、そういう理由でうっかり本番をさせてしまったりってありがちな話です。

「別料金を取らずに本番させてくれた」と男性客は喜びますが、ストーカー化する男性客は「別料金を取らずに本番させてくれた」→「自分だけ特別にタダで本番をさせてもらった」→「この女性は自分に気がある」という思考回路で勘違いしてしまうのです。

 

今のは例えばですが、他にも女性からしてみたらただの気まぐれだったり、営業の一環だったりするようなことでも、男性客にとっては物凄い快挙だったりするわけです。

 

また、例えば女性がお客さんに何かプレゼントをもらって、お返しにちょっとしたものをあげたりだとか、写真を撮らせてあげたりした場合も、男性客は「自分に気があるのかも」と勘違いしてしまいがちです。

 

 

2.「○○してやったのに」という勝手な思いでストーカー行為に走る男性客たち

 

ストーカー行為に走る男性客、またはストーカー行為とまではいかないまでもしつこく女性に執着する男性客たちは、、

「お金がないのに頑張ってお金を工面して、高い風俗に○○ちゃんのために週に何回も通ったのに!」

「○○ちゃんが喜ぶと思って、○○万もするプレゼントを贈ったのに!」

といった具合で考えるようになります。

 

そんなのこっちから頼んだ覚えはないわよ、と女性は考えるかもしれません。

 

確かにその通りで、冷静になって考えれば、風俗は擬似恋愛と擬似SEXを楽しむための場所なのです。

 

それはあくまでも「擬似」なので本当の感情とは違うと分かりそうなものなのですが、男性は常に「自分だけは違う」「自分だけは特別」と考えたがります。

 

そのため、女性が自分の考えを裏切るような言動をすると、急に冷静でなくなり、ストーカー化したりします。

 

それを防ぐには、色恋営業も程々にしたり、「これは私にとって仕事」というスタンスをある程度保持する必要があるかもしれません。

 

そういうお客様に対する対処方法も トーキョーユメガール からご連絡お待ちしております!

 

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP