トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

ピルは安心と安定の薬です

風俗で働いている女性は低用量ピルを使っている人がとても多いです。

 

ピルと聞くと妊娠を防ぐためのものというイメージもありますが、実際は生理周期を安定させて、体調不良を和らげる効果もあるのです。

 

そこで今回は、女性なら知っておきたいピルの正しい使い方をご紹介します。

 

 

1. 女性がピルを使うメリットって?

 

ピル(経口避妊薬)は、女性のホルモンバランスを調整して排卵を抑える薬です。

 

正しく飲むことでほぼ100%妊娠を防ぐことができますが、以前は副作用が強いことから飲み続けるのがつらいと悩む女性もたくさんいました。

 

しかし、最近では低用量ピルを使うことが多く副作用が少ないことから、生理痛や生理不順に悩む女性の治療薬としても使われています。

 

特に女性は普段からピルを服用している人も多くなってきています。

 

ピルは毎日服用することで、28日周期で生理を起こす薬です。

 

生理中は生理休暇をとる女性がほとんどですが、通常だと何日に生理が起こるのか正確にわからず、予定よりも早く生理が来てしまうこともありますよね。

 

せっかく予約を入れてもらったのに、生理が来てしまうとお客様をお断りしなければならない時もあります。

 

ピルを飲んでいれば生理開始日がわかるので、出勤日のスケジュールの見通しが立てやすくなります。

 


2. ピルの正しい飲み方

 

ピルは正しく飲まないと避妊効果が得られず生理開始日が狂ってしまいます。

 

そのため、必ずルールを守って正しく服用しましょう。

 

ピルは毎日同じ時間帯(24時間サイクル)で飲み続けることで、ホルモンバランスをコントロールして生理が起こるのを防いでいます。

 

そのため、1日1錠を同じ時間帯に飲むようにしましょう。

 

朝でも夜でも問題ないので、自分のスケジュールに合わせて忘れずに薬が飲める時間帯を選んでください。

 

ピルは1シートに28錠のタイプと、21錠タイプがあります。

 

21錠タイプは全てホルモン剤入りの実薬で、28錠タイプはホルモン剤が入っていない7錠の偽薬付きです。

 

ピルは生理周期を28日にするため、21錠のホルモン剤を飲んだら7日間休薬をして生理を開始させます。

 

休薬期間である7日後に新しいシートを飲むことで、再び避妊効果が継続するというサイクル。

 

これを守ることで、たとえ休薬している時でも避妊効果が続き生理周期も安定します。

 

飲み忘れから12時間以内であれば、避妊効果にあまり影響がないのですぐにピルを飲みましょう。

 

翌日に飲み忘れに気づいたときは、忘れていた1錠と当日分の2錠を同時に飲み、翌日から通常どおり1日1錠を続けていってください。

 

また、一日でもピルを飲まない日があれば避妊効果はかなり下がっているので、お客様とのプレイ中は慎重に行動しましょう。

 

2日以上飲み忘れてしまったら、自己判断で服用を続けず処方してもらった病院を受診してください。

 

タバコを吸っている女性も多いですが、ピルの服用中の喫煙は危険です。

 

血管に血の固まりが詰まる血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気を発症することもあります。

 

血栓ができると血栓ができた場所が赤くなったり腫れたりするので、気になる症状があったら病院で診察してもらいましょう。

 

性的サービスをする女性はピルを飲むことで自分の身を守ることにつながります。

 

また、ある程度生理周期を調整できるので、生理中に働けない女性にとっては出勤スケジュールが調整しやすいというメリットもあります。


ただし、低用量ピルでも副作用が起こることもあるので、気になる体調不良があったらピルを処方してくれた病院で相談をしましょう。

 

ピルの飲み方や生理周期の相談も トーキョーユメガール からご相談下さい!!

 

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP