トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

男のロマン!?潮吹き女性になるために

世の中には潮吹きができる女性もいますが、圧倒的に潮吹きできない女性の方が多いのではないでしょうか。

 

正確な潮吹きのやり方を知らない女性は多いですし、通常のSEXをしているだけでは、なかなか潮吹きには至らない場合が多いものです。

 

しかし、一方の男性側はと言えば、潮吹きモノのAVの流行もあり、潮吹きという現象はかなり一般知識?として男性の頭の中にはインプットされてしまっているようです。

 

「本当に気持ちが良いと潮吹きする」と思い込んでいる男性も多いようです。

 

そのため、潮吹きさせようとして強すぎる手マン、いわゆるガシマンを行ってくる男性も多く、そのせいで女性は何日も腹痛に苦しんだり、膣内が傷付いて血が出てしまったりという場合もあります。

 

しかし、そもそも女性側が潮吹きがどんなものなのか分かっていない場合、そんなことをしても潮吹きしない、と男性側に強く言えずになすがままにされてしまうこともあります。

 

 

潮吹きできる風俗嬢になれば、お客さんをリードしやすくなる

 

もしあなたが潮吹きできるようになり、どんな風にすれば自分が潮吹きできるのかを把握していれば、乱暴なお客さんもリードしやすくなります。

 

それでは潮吹きはしない、ときちんと伝えてあげられるからです。

 

正しい潮吹きのやり方を男性客に教えてあげれば、自分の体にも安全な上に、お客さんを「自分が潮を吹かせた」と、達成感と自信で満足させることができますので、一石二鳥です。

 

しかし、自分が潮吹きできるようになるには、なかなか難しそうです。

 

また、体質によっては潮吹きしにくい女性もいるようです。

 

 

潮吹きのトレーニングはこうする!

 

まず、潮吹きとは、Gスポットを刺激することにより、尿道口の左右に位置している「スキーン腺」という部位から「スキーン腺液」と呼ばれる液体が分泌される現象だと言われています。

 

AVでの潮吹きは、演出としての潮吹きなので、実際の潮吹きではなくおしっこをしている場合が多いという噂ですです。

 

実際の潮吹きは、基本的にあんなに大量の液体は出てきません。

 

潮吹きをするためには、Gスポットを刺激しなければならないのですが、このGスポットの正確な位置を把握するのがなかなか大変です。

 

自分でやろうとすると疲れてしまうことも多いので、Gスポット用のバイブ等を利用してやってみるのも良さそうです。

 

Gスポットは、お腹側の膣内にあり、指で触るとヒダがあってザラザラしている部分がそうです。

 

Gスポットを発見したら、そこを押し込むようにゆっくりと刺激します。

 

なるべくリズミカルにできると更にGOOD。

 

Gスポットと膀胱は非常に近いため、尿意を感じたら排尿しておかないと、AVのようにおしっこをまき散らかすことになってしまいます。

 

ベッドの上でトレーニングする場合は注意して下さい。

 

尿意がない状態で先ほどのトレーニングを続けていると、何か出てくる感じがすることがあります。

 

尿のようなアンモニア臭がない、無色で無臭の液体であれば、それが潮です。

 

ただし、中には体質的に潮吹きできない女性もいます。

 

潮吹き出来ないからと言ってあまり長時間やり過ぎて、膣内を傷付けてしまわないように注意して下さい。

 

ある程度やってみて出来なかったらまた明日という風に、長い目で見てトレーニングしたほうが良いでしょう。

 

ただ、潮吹きができないからと言って、稼げないわけではありません。

 

できないよりは、できた方がいい、ぐらいの話です。

 

それよりも、基本的なサービスを一生懸命頑張る方が、結果的に稼げるようになると思います。

 

そんなプレイに関する質問や稼ぎ方も トーキョーユメガール からご質問下さい!!

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP