トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

風俗にくるお客様の客層って?

風俗店に来るお客様はどんな客層が多いのでしょうか?

 

今回は、風俗店に来る「客層」にスポットをあててお話していきたいと思います。

 

 

30代?40代が多い

 

風俗店に来るお客様の年齢層は20代~60代ととても幅広いですが、その中でも30代~40代の男性が大半を締めています。

特に性欲が強い時期である20代は、金銭的な問題や若い世代で風俗店に行きづらいということもあり、風俗店に行かない人の方が多いようです。

 

仕事帰りのサラリーマンや、出張で遠くから来ている人など、来店するお客様はさまざまです。

お店のコンセプトによって客層は異なりますが、基本的には30代から40代の方が多いと思って良いでしょう。

 

 

客層は時間帯によって変わることも

 

地域やお店によっては時間帯で客層が変化することもしばしばあります。

その理由として、お酒が入っているかいないかでは大きく関係するようです。

 

昼間からお酒を飲んで来るお客さんは地域に分けてもほとんどいないみたいですが、夜はお酒を飲んでから風俗店に行くというお客さんが多くなります。

 

仕事が深夜帯で、仕事終わりにお酒を飲んで朝から遊びにくるお客様はいます。

共通していえることは、時間帯が遅くなれば遅くなるほどお酒を飲んでから来るお客様が多くなるということ。

あまりにも泥酔されているお客様だと、お店側も泥酔客の入店を断るケースが多くあります。

お店の待遇に「泥酔禁止」と記載されていれば、お酒を飲んでいるお客様に対しての入店チェックが徹底するので安心です。

 

 

会話の内容に困ってしまったら

 

お客さんが50代~60代となる場合ももちろんあります。

 

そのためジェネレーションギャップで、会話の内容に困ってしまうことがあるようです。

50代・60代の方であると、観ているテレビや雑誌・趣味などが同じということが少ないですよね。

 

お客さんの話す内容が詳しく分からない場合でも相手の話をしっかりと聞いている姿勢をとり、親身になって会話をしていれば自然と相手も心を開いてくれるようになります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

体験入店や面接の際に、そのお店の平均的な客層を聞いてみましょう。

自分が入店したときのイメージができれば、より早く仕事に慣れることができます。

売り出して行くキャラクターをしっかりと決めるためにも、お店の客層はしっかりと確認しておきましょう。

 

ただ、実際にお仕事をしてみると、言われてた客層とは違う場合があります。

 

お客様の割合として、40代以上が多いお店でも、自分につくお客様は20代や30代の若い年齢が多いことがあります。

 

これは、写真の雰囲気が40代以上には選ばれにくく、若い年代にウケるような場合です。

 

接客する際に年齢層が高めがいい場合には、その年齢層の心を掴むような写真でないと掴むことができません。

 

お店と相談しながら写真や接客方法を変えていくことも大切です。

 

接客やお客様ウケの写真の撮られかたも トーキョーユメガール からご相談下さい!!

 

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP