トーキョーユメガール

風俗の求人情報をお探しの方やホテヘルなどで働いて大きく稼ぎたいならトーキョーユメガールへ

18歳未満の方はYahoo!JAPANへお進み下さい。

風俗で稼ぐノウハウ

下着は仕事着なんです

風俗で働く女性の一番のお仕事着は下着、ランジェリーです。

 

服を着ている時間よりも、下着のみ、または裸でいる時間の方が長い、という女性も多いのではないでしょうか。

 

お仕事時ではない場合は、スポーツブラやユニ○ロのボロボロに年季の入った下着で過ごしてるというズボラ女性もいます。

 

でも、お仕事時は気合を入れたランジェリーを着なきゃ!と仕事着選びに余念がないことも少なくありません。

 

しかし、女性の皆さんの中には、どこで下着を買えば良いのか、どんな下着を買えば良いのか常に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

 

仕事着にお金は掛けたくないのが本音だけど

 

「高級で素敵なランジェリーを身につけるだけでテンションが上がる」という風に言う女性もいますが、女性にとってランジェリーはお仕事着。できればなるべく安く済ませたいというのが女性たちの本音のようです。

 

しかし、だからといってユ○クロやしま○らで買った下着では、あまりにも安っぽ過ぎるし色気がありません。

 

いくらぐらいの下着を買えば良いのか、どんなメーカーで買えば良いのかというのは、働いているに風俗店よってもだいぶ違ってくるでしょう。

 

 

高級店で働いているなら高級な下着を!

 

例えば、高級店で働いているのであれば、下着もやはりそれなりのものを身につけた方が良いでしょう。

 

やってくるお客様は「高級な女性と特別な体験をしに来ている」というつもりできていますから、そこで出てきた女性が安っぽい格好をしていては拍子抜けするというものです。

 

また、高級店にやってくるお客さんの中には、経済的に余裕があって高級品を見慣れている男性も多いです。

 

そういった男性の相手をするときに安い下着を着ていては、安物を着ていると見抜かれ、質が悪い女性だと判断されてしまう可能性が高いです。

 

一般的に「男性は女性の下着なんて見ていない。女性の下着の値段なんて分かっていない」と思われがちですが、見ている人は見ているのです。

 

高級店で働いているなら、上下セットで1万円程度の下着を着ましょう。

 

サルートやトレフル、ヒミコ等の下着が高級店で働く女性からは鉄板の人気のようです。

 

 

大衆店~格安店なら安めのものでも

 

逆に大衆店~格安店で働いているなら、そこまで高級な下着を無理して身につける必要もないでしょう。

 

まず、女性の手元に入ってくるお給料の額も格段に違いますので、それにあわせたもので良いのではないでしょうか。

 

RavijourやAmo's Style、Peach Jhonといったメーカーの下着を利用している女性が多いようです。

 

若い女性であればなおのこと、この辺りのメーカーで良いのではないでしょうか。

 

お値段も平均して3000円~5000円程度と手が出しやすし上に、適度にセクシーで可愛いので、男性からも人気です。

 

 

ガーターベルトは着けたほうが良いの?

 

ガーターベルトの有り無しですが、お店によってはガーターベルト必須というお店もあるようです。

 

しかし、お店の方針で必須でなければ、どちらでも構わないのではないでしょうか。

 

ただし、普通の生活の中でガーターベルトを着用している女性はなかなか少ないですから、お客さんからしてみたら特別感を感じて興奮できる材料となるかもしれませんね。

 

男性の中にはガーターベルトよりもパンティストッキング、いわゆるパンストのフェチの男性も多いため、一概にガーターベルトが良いとも言えません。

 

パンストフェチの男性は、パンストの股間の辺りやヒップの辺りがエロいという風に言う男性もいます。

 

その辺りは風俗店の縛りがなければ、女性の好みで決めてしまっても良いのではないでしょうか。

 

下着や服装の相談も トーキョーユメガール からご相談下さい!!

入店お祝い金5万円プレゼント

応募方法

面接の応募方法 面接の応募フォーム 写メールでの応募 LINEでの応募

風俗でのお仕事 お役立ちガイド

風俗で稼ぐノウハウ大公開 風俗で働く先輩の声 よくある質問

当サイトのオススメSHOP

SHADYMOTION finemotion 池袋JENNY 俺のKissリフレ ヌルテカ

当サイトの著作権について

当サイト内のコンテンツ(情報、画像、文章、プログラム等)の著作権はすべてルーディーグループに帰属します。無断で複製、引用、転載した場合は、差止請求、損害賠償請求等の民事的措置や、刑事罰の対象となります。

PAGE TOP